<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも 使い方の一例











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

使い方の一例

ここのところの新しいファイルから
すごく操作感が早くなっています。
かなり実用に近づいてきた感じです。
同期中以外は結構サクサク動きます。(いいすぎ?)
でも使い方次第では面白い端末になっています。

バッテリーの持ちはやはり予備バッテリーは必需品ですが、
私の使用状況を少し。





朝、充電ケーブルをはずして最初にするのは
裏で動いているアプリをすべてKillこと。
Advanced Task Killerのウィジェットをクリックすると
設定している「切らないアプリ」以外を一度に終了してくれます。
私の場合は今朝は13アプリ動いていました。

設定の話でした。
その前に、今朝の電池状況はこんな感じです。



待ち受け472時間、Webサーフィン5時間33分…夢のようです。


待ち受け画面はご存知の通り三画面あります。
Home++という拡張アプリがインストールされてますが
私は使ってません。

起動画面には電源管理のウィジェットを一番上に置いてます。
左からWifiのON/OFF、BluetoothのON/OFF、
GPSのON/OFF、同期のON/OFF、そして画面の明るさ
ここで適宜Wifiと同期とGPS(まだ使えない)のON/OFFを切り替えます。
常駐アプリはBattry Time LiteとAdvanced Task killerです。

アイコンは左上からBattery Time lite
これはバッテリー状況を確認するのに使ってます。
その隣がAdvanced Task Killerのウィジェット
これは朝一番でクリック。裏で動いているアプリを切ります。
一番右は設定アイコンを置いてます。
すべての設定はここから出来ます。
通話ボタンからで画面下に呼び出すメニューもありますが
私は直接設定ボタンから行ける様にしています。
左下はtCalentor。日付が出て便利です。
後はマップとブラウザとMarket
電源管理のウィジェットの下にはアイコンを置きません。
ページめくりの時に誤作動して起動してしまうのを嫌って
iPod touchも一列空けてます。(指使いが下手なだけですが)

右のページは
正面にアナログ時計
右下に世界天気予報。天気と時計のウィジェットです。
下の段は左からGmsil、メール、
そしてNewsRobというGoogleリーダー用アプリ
右端がSeesmicというTwitterクライアントです。
これはマルチアカウントが出来ます。




ページを右に二回送り左ページはこんな感じです。
今はGoogle検索のウィジェットと
YoutubeのウィジェットそしてShootMeという
スクリーンショットを撮るアプリです。
今朝の写真じゃないですが。




後のアプリは下のタブから開いてます。

まあとりあえずWifiと同期と設定を駆使して
省電力操作をすればなんとなく使えるかなというレベルです。

携帯電話と思うとぜんぜん電池が持たない感じですが、
小型PCだと思えば諦めもつくかもしれません。

ちなみに設定の中身は
・無線とネットワーク:APNの設定はしてません。Wifiのみです。
・サウンド&画面の設定は画面の向きを可動しない設定にしています。
 (反応がいまいち良くないので)
・現在地情報とセキュリティはGPSは切っています。
 (時々入れてみますがまだ動かないみたい)
・アカウントと同期はBackground dataをはずしてます。
Marketを使う時は怒られますので同期してから起動してます。

各アプリは同期や自動巡回をする設定をすべてきっています。
メールもRSSもTwitterもぜ~んぶ手動です。

[ 2010/04/09 12:22 ] Android | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/99-44cb397b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。