<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも Wifi











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Wifi

Android on Touch Diamondの一番の問題は電池です。
大容量の電池に替えたところでiPod touchには遠く及びません。
モバイラーにとって電源管理は最大の関心事なのです。
新しいバージョンの方が改善されていると思いますが
Wifiが使えないのはモバイル無線LANをメインにする私としては辛いので、
今回解決策を探るべく、チャレンジしてみました。



CONNECT-UTBの最新ファイル

Android 2.0.1 XDAndroid
Uploaded 14.01.10
Modified 28.02.10
File Size 81MB
Version 20100301

これではWifiが動きませんでした。
以前DLした旧VersionではWifiが動いていたので
変更されたファイルをひとつずつ入れ替えてテストしました。

フォルダの中身は

AndroidApps 
conf
media
STARTUP CONFIG
というフォルダと

haret.exe
initrd.gz
modules-2.6.27-00951-gdc0c08e.tar.gz
rootfs.img
STRTUP.TXT
system.sqsh
zImage
というファイルです。

いろいろとファイルの入れ替えチェックし最終的に
この中のrootfs.imgを以前のものと入れ替えました。
手元にあるファイルの日付は2010.02.19 13.312KB


テストしたところ、無事にWifiは動きました。
MarketでのDL不調もなく、
ダウンロード済のアプリの再インストールも出来るようになりました。

[ACTIVE]Linux kernel zImage for Diamond,・・・のところで
新しいzImageばかりをDLして入れ替えていましたが
rootfs.imgが原因だったようです。
(素人故ファイルの中までわかりません。ご容赦下さい。)
XDANDROID Eclair rootfs Build Serviceから
新しいrootfs.imgをDLして入れなおしてみました。



最新のファイルはrootfs-20100301-711ac2e.imgです。
これをrootfs.imgにリネームして入れ替えます。


結果はWifiもOK、Marketも大丈夫でした。

ならばzImageも新しいものに替えても大丈夫かも・・・と
最新のにもう一度入れ替えてみます。





最新のzImageはzImage.20100228_215264です。
これを内部ストレージにコピーして
STARTUP.TXTの起動項目set KERNEL zImage.20100228_215234に書き換えます。

最新のBuildに入れ替えて
無事Wifiも動きました。
これでどうやら最新の状態でテスト出来そうです。
今のフォルダ・ファイル状況はこんな感じです。




3Gで使うかWifiで使うか、
電池の持ちを比べてみます。



基本的には私の備忘録です。
あくまで私の環境での状態なので
参考にとどめておいてください。

*再現は自己責任でお願いします。
[ 2010/03/02 17:38 ] Android | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/66-d893ad21








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。