<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも HTC J Butterfly のハイレゾ体験イベントに行ってきました。











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HTC J Butterfly のハイレゾ体験イベントに行ってきました。

HTC × ITmedia 「HTC J butterfly HTV31」ハンズオンイベントに行ってきました。
auから発売されているHTCのフラッグシップモデルです。

“かつてない「音」を実現した最新スマホ”の音に注目したイベントでした。

IMG_5576

DSPアンプを内蔵し前面に二つのスピーカーを備え
ドルビーオーディオを採用した注目の新製品です。

au HTC J BUTTERFLY HTV31 ケース ハード エーユー HT C Jバタフライ HTV31 カバー ハード スマ...
イベント会場はONKYOのGibson BRANDS SHOWROOM
まさに音にこだわった会場でした。


IMG_5584


HTC NIPPON株式会社の玉野社長からHTC J Butterflyの商品説明があり
特にこだわりのポイントを三点説明がありました。


IMG_5594


その一は、 インカメラの性能、自撮用のインカメラの画素数が1300万画素と高画質になった事

その二は、 スピーカー用とイヤホン用と別のアンプを搭載したサウンドにこだわった事

その三は、 着せ替えのメリットを大きく進化させたSence 7を搭載した事。

これは家での使い勝手と一歩家を出てからの仕事モードでは使い方も違うので
それぞれの一番使いやすい画面設定が出来るとっても優れものです。GPSに対応しているので
設定さえすれば後は自動で使いやすい画面設定がそのまま表れる。

続いてサンディスク株式会社の長瀬氏から、

HTC J Butterflyがサンディスクの200GBのSDカードに対応した事の説明と


IMG_5612


本日参加者にプレゼントされたデュアルUSBドライブ3.0の仕様説明。


IMG_5615


これはケーブル無しで、USB3.0を使ってPCとスマートホンの高速データ転送を行える優れものです。
コンテンツが大きくなってきた昨今の状況では非常にありがたいメモリーです。
Sandisk デュアルUSB 64GB microUSB / USB2.0 SDDD-064G


IMG_5620


スマートホンで高音質を生み出すことは、電磁波の影響から非常に難しいらしい。
一般的に使われるディスクリート半導体(単体で増幅する素子等)ではなく
ちゃんと回路として組んだアンプが使われているとの事。
電磁波の処理もしっかりなされ、単なるハイレゾ対応しているだけのスマホではなく
ハイレゾがハイレゾとして聴こえる仕様になっているとの事。


IMG_5607


またHTCのBOOMSOUNDというホーンの様な仕様のサウンドシステムを搭載
まさにイヤホンでもスピーカーでもハイレゾにこだわった仕様になっている。


IMG_5602


トークセッションでは「スマートホンによるハイレゾ再生」の話をオーディオライターの野村ケンジ氏
デジタルオーディオ評論家の麻倉怜士氏、そしてオーディオマニアでもあるHTC NIPPON社長の玉野浩氏の
三者で、違った視点から様々なお話を聞けました。


IMG_5632


アナログからデジタル、CDからSACDやDVD-AUDIOそしてHi-Fi、ハイレゾへの経緯を丁寧にわかりすく解説いただき。
実際にハイレゾを体験してみよう、という事で実際のHTC J Butterflyで再生した音源を外部スピーカーで聞いてみることに。


IMG_5644


あらかじめ参加者一人一人に貸し出された端末にはパネリストがセレクトしたハイレゾの音源が入れてありました。
最初のセレクトは麻倉怜士氏のセレクトでDian KrallのCalifornia Dreamin
クリアで臨場感が凄い。声のかすれや息遣いまで目の前で歌っているかのような
そんな空気感が感じられる。各楽器やボーカルの輪郭がしっかり聴こえる。
昔、アナログレコードの時代にJAZZ喫茶でJBLやALTECの巨大スピーカーから聴いていた
あの音から針の擦れる音やノイズを除いた様な臨場感とワクワクする空気感がそこにあった。
ハイレゾ恐るべし。

玉野氏のセレクトのりー・りトナー
フュージョン全盛期に私もずいぶん聴いた曲だった。


IMG_5645


この臨場感がたまらない。昔のJAZZ喫茶を本当に思い出した。


IMG_5640


そのほか宇多田ヒカルやビバルディの四季、そして野村ケンジ氏のセレクトした
テクノボーイズ パルクラフト グリーンファンドのリミックス曲。
最新技術を使った一番新しいハイレゾのカタチとの事。非常に興味深く聴きました。

どの音源も面白い。さすがのセレクトでした。

トークセッションの後は「タッチ&トライ」という事で様々な視聴環境で体験できるスペースが確保されていました。


IMG_5650


私は自分のイヤホンSURE SE215で各曲を聴き比べ。
非常にいい。これがハイレゾなんだと改めて実感しました。
SE215って結構いいじゃない。とイヤホン自体が良くなったかのようなワクワク感。

HTC J Butterfly とっても欲しくなりました。
残念ながら機種変更したばかりで難しいですが。


端末の事を少し、


IMG_5573

IMG_5577

IMG_5579


初期画面はいつものau設定です。自分でいろいろいじりましょう。
今回の貸し出しされた端末はみんな違うホーム設定に変更したようです。

色は三種類Silkと言われるホワイトと


IMG_5658


Rossoというレッドと


IMG_5660


そしてIndigoというブルー
の三色構成です。どの色もメタリックで深みがあって非常に物欲の沸く仕様です。

今回はハイレゾ等音にこだわったイベントでした。
合間に野村ケンジ氏に見せてもらったポータブルアンプ類。すごい。これだけのイベントも欲しいくらい。^^


IMG_5653


真空管ポータブルアンプ等非常に面白いお話が聞けました。


IMG_5651



年齢と共に可聴範囲も狭まり、音に対するストレスもあり、音楽を聴くことが少なくなってきている私ですが
また、しっかり聴く事の楽しみを見つけられそうなイベントでした。

今回主催のHTC NIPPON株式会社 企画協力のアイティメディア株式会社 ITmedia LifeStyle編集部
協賛のサンディスク株式会社のみなさまありがとうございました。
また是非おもしろいイベントを企画してください。楽しみにしております。


「HTC J butterfly HTV31」のブロガーイベント


Sandisk デュアルUSB 64GB microUSB / USB2.0 SDDD-064G

ブログパーツ
[ 2015/06/05 15:38 ] Android | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/349-e5e48fdc








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。