<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも 手振れ補正ビデオアプリ











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手振れ補正ビデオアプリ

iPhone4Sのカメラって手振れ補正内蔵じゃなっかった?
っていう指摘もありそうなので比べてみることにしました。

純正のカメラアプリもいい動画が撮れます。



まずは純正アプリでそのまま撮影してみます。

続いてLumaを起動してみます。

photo

photo

起動時の画面の右下の設定アイコンをタップします。
あらかじめ設定をしておきます。

photo

今回はピント、露出、ホワイトバランスをマニュアルに設定。

Tipsをタップ。撮影時に必要な話じゃないですが、チェックしておきます。

photo

Lumaは屋外や明るい部屋で動作するように最適化してあるようです。
暗いところでは効果が落ちるらしい。

Lumaは自然な手の動きから手振れを除去するように最適化してあるので
スタビライザーをテストする目的でデバイスを振らないで・・・と


起動画面の下の左から二番目、
風車の様なアイコンはエフェクトです。
標準の他

photo
photo
photo
photo
photo

いろいろなエフェクトが掛けられます。
ちなみにピンチイン、ピンチアウトにも対応していますので
画面のズームをしたい場合はピンチインしてみてください。

右上の手のひらアイコンが手振れ補正のON/OFFスイッチです。
これをOFFにした動画をまず見てみます。



iPhone4Sの純正アプリよりも激しく揺れています。
iPhone4Sはやはり手振れ補正が効いています。
続いてLumaの手振れ補正をONにしてみます。



やはり明らかにスムーズになっています。
純正よりも効いています。

ちなみにLumaの解像度は1280x720フレームレートは24fpsだそうです。

もっと手振れを減らして高品質の動画を撮影したい場合は、
是非ハードのスタビライザーを試してください。


Manfrotto マルチ・カメラスタビライザー モドステディー 5851マンフロット 585-1 MODOSTEADY ...

steadicam merlinステディカムマーリン カメラ スタビライザー「並行輸入品」

ブログパーツ
[ 2012/03/28 15:23 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/282-6ac2e331








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。