<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも PHOTON + HDMI + BLUETOOTH + USB











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PHOTON + HDMI + BLUETOOTH + USB

お借りしたMOTOROLA PHOTONのインターフェースをいろいろと試してみます。
ここ数日使ってみての感想としては、非常に快適。
こんなにサクサク動くならば、操作に関してのストレスはほとんどありません。
回線に関しては、WiMAX回線の時のスピードは何も言うことはありません。
しかし、やはりまだまだサービスの届かない場所が多い。というのが都内での現状です。
地下はほとんどダメです。気が付くとOFFになっていて手動でスキャンしないとならなかったり。
障害物の多い都心よりも郊外の方がWiMAXは得意だとか。
でも普段使用していてとっても快適なのは確かです。

さてPHOTONのインターフェースには興味ある方も多いと思います。
もちろんWebTopやLapTopといった純正の拡張アダプターが前提ですが
せっかくなのでHDMI、BluetoothそしてUSBにいろいろ接続してみました。









まずはHDMI

PHOTONのHDMI端子はMICRO HDMIです。
新しいケーブルを買うのもなんなので
変換アダプターを買ってきました。



これに通常のHDMIケーブルを接続し、PHOTONと繋ぎます。
TVの入力を切り替えると、MOTOROLAの赤いマークが映し出され、
PHOTONに接続の設定を選択する画面が現れます。



ギャラリー・・・写真とビデオの表示
音楽・・・音楽にアクセスして、音楽を聴き共有します
ディスプレイのミラー・・・大型ディスプレイの電話アプリケーションのすべてにアクセスし表示します

この三択です。
この設定は「マイセレクションを記憶」にチェックすると次回からはそのままその設定が選択される様です。



ミラーを選択すると、PHOTONの画面と同じものが大画面に映し出され
縦、横、回転もそのまま表示されます。
試しにYouTubeを見てみると、



YouTubeの視聴中はPHOTONの画面は消えてTVだけの表示になりました。

WebTopであればミラーの表示とWebTopの表示が最適化されて表示されます。
使い方によっては結構便利かもしれません。

つぎに BLUETOOTH

タッチ式のスマートフォンでやはり気になるのは「ハードキーボードが使えるのだろうか。」という事のようです。
昔のエントリーでご紹介した「BlueKeyboard」を検索されてこのブログに来られる方も結構大勢いらっしゃいます。

ブロガーミーティングの時にもBluetoothキーボードもマウスも使える事はお聞きしていましたが
WebTopなしでも簡単につながりました。



設定の画面から「無線とネットワーク」をタップ。
BluetoothをONにします。



Bluetooth設定で「検出可能」にチェックを入れて「デバイスのスキャン」をタップ。
Bluetoothマウスの電源を入れて接続をします。
検出されると、ペアリングの画面になりますので
キーを画面の指示通りに入力します。



意外とあっけなく、Bluetoothマウスも接続できました。
スマートフォンの小さな画面の中をポインターが動くのは結構かわいい。
ちなみに左クリックがタップ。
右クリックは「戻る」です。
ホイールはアイコンの選択を下に上に変えるだけで横へは動きません。
マウスの設定は見当たりませんでした。
選択もクリックもちょっと不正確な時もあって、過信できなさそうですが、
でも使い方によっては面白いかもしれません。



BluetoothキーボードはMacのJISキーボードを接続してみました。
これも同じようにペアリングをすればあっけなく繋がります。



タイピングも全然問題なく瞬時に反映されます。
変換も通常通りスペースキーで選び、リターンキーで確定します。
日本語と英数の切り替えはコントロールキーの長押しで切り替えます。
大文字小文字はシフトキー
コントロールキーを短く押すとファイルメニューが表示されます。

入力の切り替えは日本語入力と英数入力の切り替えしか把握できませんでした。
数字や音声入力、記号など、キーボードから切り替えられればかなり便利ですね。

折り畳みキーボードは手元にないのでわかりません。(未検証です。)
BluetoothのON/OFFだけでキーボードが使えるのは簡単でいいですね。


続いて、USB

これも興味がありました。
まずは通常通りに付属のUSBケーブルでPCにつないでみます。



USB接続で表示されるのは、

モトローラ電話ポータル
Windows Media Sync
USBマスストレージ
充電のみ

と四つから選択します。
モトローラ電話ポータルは、パソコンでスマートフォンのいろんな事を
ブラウザから管理できるようです。
最近の通話履歴、Cメール受信履歴や写真、電池レベルやメモリ使用状況まで。

Windows Media SyncはPCとの連動でデータや写真などを同期させたり
コピーさせたり。

USBマスストレージを選択すると
内部ストレージがそのままPCにマウントされます。

安売りで売ってるマイクロUSBケーブルは充電だけにしか対応してなかったりします。
付属のUSBケーブルか、データ転送できる。と書いてあるケーブルを使いましょう。笑


USBクライアントの機能は今までも使っていましたがPHOTONは、
USBのホスト機能を持っているとのことでしたので、さっそく変換ケーブルを買ってきました。



ホスト用マイクロUSBケーブル
これにUSBマウスを接続してそのままPHOTONにつなぎます。
「?????」
何も起こりません。
マウスを外してUSBキーボードを接続します。
「?????」
何も起こりませんでした。
「これは電源が不足してるのかな?」
電源付のUSBハブを間に入れてもう一度チャレンジ。。。。。
「?????????????」
何も起こりませんでした。

ちょっとググってみます。
なんとなくヒントになるようなページが・・・。

USB host/HID interface

なんとなく翻訳をかけてみると、

マイクロUSBコネクタの5番目のピンだか4番目のピンだかがID端子になってて
ホストモードにするために何かが必要らしい。
さすがに借り物のPHOTONですのでここまででおしまいにしました。
たぶんWebTopやLapTopのコネクタにはそんな仕掛けがあるんでしょうね。

WebTopを使えば、BluetoothだけでなくUSBで周辺機器がつなげるのは
ブロガーミーティングでも確認しました。
USBホスト機能がどこまで必要かわかりませんが
昔、PDAでできなかった事が今はいろんな形でできる事は
機械モノ好きにとっては結構楽しい限りです。
自分の使い方にあった方法がチョイスできるということは便利さも広がるので大いに歓迎です。

いろんな可能性を秘め、
そして高速な通信とキビキビした操作感。
魅力的な一台だと思います。




ブログパーツ
[ 2011/10/12 12:24 ] デジタル | TB(0) | CM(2)

ありがとうございます

JISキーボード対応とのことで安心しました。

現在使っているGalaxyS(初代)はUS配列しか対応しておらず(そのせいかDocomo公式サイトにもキーボード非対応と書かれている)結局キーボードを繋いだのは任天堂のキーボードを買ってきた初日だけという状態ですが、Webtopを使うとなればキーボードは必須ですもんね。

マウスが通常時でも繋がるのはおもしろいですね。細かいタップが必要なときに役に立ちそうです。

USBですが、ホストケーブルだと思って買ったものがホストケーブルじゃなかった、っていう話をXOOM関係のエントリとかでたまに見かけます。見た目はまったく変わらず[Aメス-microBオス]ホストケーブルになってない、っていうアダプタがあるようです。
[ 2011/10/13 18:55 ] [ 編集 ]

ホストケーブル

ありがとうございます。
ホストケーブル、怪しいですね。
実は私も「もしかして…」と思い、
ちゃんとしたメーカーモノを後日買ってきたのですが
(最初のは秋葉原の裏通りモノ)
なんとお粗末にもmicroAオスだった。
取り換えに行ったらMicroBオスのがない。。。^^
また近日中に確かめてみます。

iPhone4Sも気になりますが、
テザリングできる高速スマートフォンで
しかも拡張性のあるPHOTONは、とても魅力的な一台だと思います。


[ 2011/10/14 16:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/249-3391a1e3








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。