<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも MOTOROLA PHOTONブロガーミーティングへ行ってきました。











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MOTOROLA PHOTONブロガーミーティングへ行ってきました。

auから10月7日に発売されるWimax対応スマートフォン MOTOROLA PHOTON ISW11M
いち早く体験できるブロガーミーティングに参加してきました。

MOTOROLA PHOTON



au使用中の自分としてはそろそろauのスマートフォンでの一本化を考えて、
秋のWiMAX対応機器を楽しみにしていました。

スマートフォンに求める事は技術の進歩とともにより深くなってきています。
軽快な操作性、高速な通信、コストパフォーマンス、利便性、そして所有欲を満たすモノの価値。
デュアルコア1GHzのCPU、WiMAX通信、Wi-Fiテザリング、Webtop。
ちょっと興味ある端末だったのでしっかり見てきました。



第一印象は、角を隅切りしたような独特の形状が新らしい。ディスプレイの540X960という高解像度
そしてサクサク動く軽快感とともに、質感が結構気に入りました。



Androidのバージョンは2.3.4 です。



無線とネットワークを確認。
WiMAX、Wi-Fi、Bluetooth、テザリング、VPN
すべて使えるのは嬉しいです。



SDカードと端末容量の設定を確認。
ストレージとしては約16GBあり、ユーザーの使える内部ストレージは8.91GB
アプリケーションのストレージは2.84GB空いていました。
これはうれしい。
NesuxOneは200MBしかありませんから、年中「容量が低下しています」のアラートが出ます。
アプリも多くは入れられませんが、PHOTONはその心配はありません。



裏側はマットな黒で質感もいい感じ。横置き用のスタンドがついています。
カメラは800万画素、HD VIDEOも撮れます。



スタンドを引き出すとこんな感じで、動画を見るときにはいいかもしれません。
画面の窓はMOTOBLURというSNSやメールアカウントを一元管理する独自UI。
このMOTOBLURはPHOTONの売りの一つです。
使い方次第では非常に便利かもしれません。



側面にはUSBとHDMIの端子があり、
ドックに載せるとこの端子からWebtop経由で大画面に出力できます。
動画も1080pに拡大表示してくれます。



デザイン的にはこの隅切りした形状は賛否両方あると思いますが、
オリジナリティがあって新鮮でした。
長く使うと角の塗装が剥げそうなのでカバーが必需かもしれませんが。



Webtop Dockは充電スタンドというだけではなく、
Webtop Dock個体を認識しその設定にあった出力を大画面に出力するとのこと
家に一台、会社に一台等、環境にあった設定をしておけばDockに置くだけで必要な環境がそのまま表示される。
しかもWiMAXエリアならば、作業中に電話が入ってもハンズフリーで通話もできるとか。



しかもこんなリモコンもついています。
Webtopは別売、8000円前後だそうです。
HDMIケーブル付なので単体ケーブルを買うならアリかもしれません、
簡単な作業やメールだったら、PCを立ち上げないで済みそうな環境ができます。
PCを持たない人にとってもPC代わりになります。
このPHOTONはPCと接続してUSBのクライアント機能だけでなく、
ホスト機能も持っているので、USBメモリーやマウス、キーボードも接続できるらしい。
マイクロUSBの端子に接続できるアダプタがあれば試してみよう。



Androidユーザーとしてやはり気になるバッテリーは1650mhの大容量。
リチウムイオンポリマーです。
1650mhが大きいか小さいかは使い方次第ですが、
NexusOneの1400mhからするとうらやましい。



バッテリーも内部メモリー容量もやはり隔世の感がありますね。
でも、なぜいまだにNexusOneを使っているのか。
それはNexusOneがGoogleのフラッグシップだったからです。
フラッグシップにはそれを開発した人の思いとこだわりと覚悟が詰まっています。
もちろんコストや時間的な制約で妥協せざる得ない部分もあるかもしれませんが、
どこまでその妥協を減らし、こだわり抜くかでモノとしての価値が高まり=物欲を刺激する
そんな図式が見えてきます。

PHOTONも素材感や重厚感、こだわりも感じ、物欲を刺激されました。
松村太郎氏の講演「ノマドワークでも活躍するMOTOROLA PHOTON ISW11Mと+WiMAXの魅力」
でも語られていた様に場所を選ばないワーキングにはうってつけな一台かもしれません。


気になっていた端末だったので、非常に楽しいミーティングでした。
さて、クジに弱い私ですが、端末をお借りできる権利を頂けました。
二週間、このPHOTONをお借りしましたので、
ミーティングでは試せなかった事を、いろいろ試してみたいと思っています。



ブログパーツ
[ 2011/10/06 11:50 ] デジタル | TB(0) | CM(2)

使えるキーボードについて

はじめまして。

Photon、気になっています。海外ではバンバン発売されてるのに日本ではまだ3台しか出てないデュアルコア端末であること、WebTopというユニークな機能、地味に便利そうなキックスタンド…

まだ出てすぐということもありネットを探しても情報がないため、いまお持ちなら教えていただきたいことがあります。
もしよろしければ、JIS配列のBluetoothキーボードがそのまま使えるかどうか教えていただけないでしょうか?
US配列のみ対応の製品も多いようなので…。
[ 2011/10/10 10:37 ] [ 編集 ]

Bluetooth

suhamaHZKさん、コメントありがとうございます。
BluetoothやUSBなど周辺機器のこと、気になりますね。
いろいろ試して、エントリーを上げますので、少々お待ちください。
ちなみにデュアルコアはサクサク動いてすごく快適です。
[ 2011/10/11 11:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/247-12b8ed09








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。