<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも MikuInstaller+JW-CAD











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MikuInstaller+JW-CAD

Macbook Airに変えようかなと思った一つの理由は
MacでJW-CADが動く事が分かったからです。
仕事柄このWindowsのソフトを使っています。
ノートPCでこれが動かせないと意外と辛い。
もちろんハードな仕事はデスクトップで行うので
ある程度動けばいいんですが、
昔PowerBookG3でエミュレーターを使って動かした時は
重くて実用にはなりませんでした。
BootcampでWindowsにすれば間違いないですが
MacOSXのまま動かせるならばそれもいいかもしれません。


互換レイヤーソフトと言うものがあります。
現在のアプリは各メーカーのハードウェアの互換性を持たすために
直接ハードを操作するのではなく
OSによって提供されるAPIを用いてハードウェアを操作します。
各デバイスドライバーを介して操作するその仕組みをレイヤーと呼び
そのレイヤーのいずれかを互換性を持たす事で、
異なるOSでもアプリの操作が出来るようにする。
そんなソフトのようです。
詳しくは「互換レイヤー」で検索してください。



仮想PCを構築してWindowsをインストールするより
CPUレベルではネイティブに動く互換レイヤーソフトの方が
処理が高速でしかもWindowsのライセンスも要らない。
しかもMacOSX上で動かせるのでシームレスな環境が出来る。
これは私のような一部のWindowsソフトだけを動かしたい場合には
もってこいかもしれません。

この互換レイヤーソフトはUNIX上にWindowsのAPIを実装しようとスタートした
Wine」がベースになっています。
これを商用化したのが「CrossOver Mac」です。
もちろんこちらの方が安定して簡便になっていると思います。

そんな互換レイヤーを使って初音ミクにMac上で歌ってもらいたい。
そんな事からスタートしたMikuInstallerプロジェクト。
今回は無料で構築できる「MikuInstaller」でWindows環境を構築してみました。
参考にさせてもらったサイトはこちら。

MacでJw_cadを使う 八木研究室
KEINOSの日記
Jw_cadをMacへ 日を記す
最新版wineでmikuinstallerを使う。図解入りでやさしいよ!
参考にさせていただき、ありがとうございました。

まず必要なのが

MikuInstaller
ここからダウンロードします。

最新版のWine(WineBottler)
絵のWineBottleをクリックしてダウンロードします。
WinBottlerCombo_1.1.44dmgです。(2010年12月20日現在)

そしてWindowsのフォントからMSゴシックをもらってきます。
Windows機のFontsフォルダからmsgothic.ttcをMachintoshHD/システム/ライブラリ/Fontsの中にコピー。

まずはMikuInstallerのWineを最新版にアップデートします。
MikuInstallerのdmgファイルをマウントし



その中身のMikuInstallerをデスクトップにコピーします。



WineBottlerCombo.dmgをマウントしその中のWineのみをデスクトップにコピー。





MikuInstallerを右クリック(Contorl+クリック)して
パッケージの内容を表示をクリック。
Contents/Resources/Wine.bundleを更に右クリックします。
そしてパッケージの内容を表示をクリックします。



この中の、
Contents/SharedSupportを開きます。
この中のbin、include、info 、shareを新しいモノに置き換えます。

次にWineを右クリックしてパッケージの内容を表示します。





Contents/Resources/bin
Contents/Resources/include
Contents/Resources/info
Contents/Resources/share
を先ほどのMikuInstallerのSharedSupportにドラッグ&ドロップします。



各項目を新しいファイルに置き換えます。



これでWineの最新版にアップデートできました。


後はこの新しいMikuInstallerをアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップします。


MikuInstallerを起動してみます。



メニューバーのMikuInstallerのプルダウンメニューから環境設定を開きます。




winecfgをクリックします。



Wineの設定ファイルが開きます。



「Wineについて」のタブを開いてバージョンを確認します。
1.1.44になっていれば最新版のWineへのアップデートが出来ています。



次に「画面」タブを開きます。
仮想ディスクトップをエミュレートするにチェックを入れます。
デスクトップの大きさにMacbook Air11の場合は
1366x720を入力1366x768よりも下を少し短くしました。
これはドックの位置や設定によって使いやすいデスクトップを
後から変更できます。

JW-CADのインストール

最新版のJW-CADのexeファイルダウンロードし、
MikuInstallerにドラッグします。
そのまま指示に従ってインストールします。
スタートメニューに追加しようとするとエラーします。
いいえを選びます。

Cドライブの位置を確認しましょう。



Cドライブは
~/ライブラリ/Application Support/MikuInstaller/prefix/default
ここにあります。


JW-CADはdrive_cの直下にjwwというフォルダを作ってそこにインストールされます。
あとは通常のJW-CADの操作と同じです。
設定ファイルはjwwフォルダにコピーし
私の場合はsaveフォルダを作ってdrive_cに置きました。
jwwフォルダの中のjw_win.exeをドックに登録しておけば
クリックする事で自動的にMikuInstaller→X11→jw-cadが起動します。



フォントを入れ替えないと、結構見え難い画面です。
忘れずにMSゴシックをFontsフォルダにコピーしましょう。




後は通常通り「開く」から各ファイルを開きます。
フォルダ構成が特殊になりますから
リスト表示で目的のファイルや保存フォルダを確認してください。



終了する時は

JW-CAD・MikuInstaller・X11の順番に終了させないとエラーが出ます。

Macbook AirでそこそこJW-CADが快適に使えます。
他のソフトも試してみようと思います。
全てが動くわけではないのですが
Wineの今後に期待しています。





ブログパーツ
[ 2010/12/22 13:39 ] 建築 | TB(0) | CM(3)

質問させてください

はじめまして
こちらのページを大変参考にさせて頂き途中まで順調だったのですが「winecfgをクリックします。」の項目でクリックをすると《プロセス“sh”は、予期しない状態で終了しました。(pid:466, status:138)》と表示してしまいました。もし宜しければご教示のほど宜しくお願いします。 
[ 2011/08/15 08:24 ] [ 編集 ]

X11のトラブルでしょうか

はじめまして。
MacintoshのOSはいくつでしょうか。
OSX10.4の場合はX11、OSX10.5の場合はXQuartzをインストールする必要があります。
10.6はXQuartzの最新版を入れたほうがいいと思います。
http://xquartz.macosforge.org/trac/wiki/X112.6.0
http://xquartz.macosforge.org/trac/wiki/X112.6.3
チェックしてみてください。(自己責任で。)
[ 2011/08/16 12:23 ] [ 編集 ]

はじめまして

三年前の記事に失礼いたします。
ヤマナカさんと同じ現象がおこります。OSは10.8.4でX11は現時点で最新の2.7.4をインストールしましたが、winecfgをクリックすると『プロセス“sh”は、予期しない状態で終了しました。(pid:5496, status:1)』のエラーメッセージ・・・。
お手数ですが、なにかわかることがあれば教えていただけると幸いです。
[ 2013/06/23 11:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/167-d83aee9a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。