<meta name="description" content="街角やWebで見かけた「いいかも」を書き留めておきます。興味の対象は、デザイン・IT・写真・建物・お店・美味 etc…"> <meta name="keywords" content="デザイン,Android,iPad,スマートフォン,デジタルガジェット"> いいかも Jalbumを使ってみた。











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Jalbumを使ってみた。

ホームページに写真をアルバムにして公開できるページを作りたくて、
Jalbumを使ってみました。

忘れそうなのでここに備忘録という意味で
載せておこうと思います。

上記サイトからソフトをダウンロードします。
Jalbum.netという写真共有サイトへの登録をし、
そしてアプリケーションをダウンロードします。
無料のlite版を使用します。

インストールの後、
起動するとカエル君が笑顔で迎えてくれます。


00起動画面





起動直後の画面はこんな感じです。
初期設定のスキンはChameleonです。これは保存されないようで
毎回このスキンを自分の設定に変える必要があります。
どのスキンにするかはいろいろ試してください。
私はFotoPlayerを使いたかったのでJalbum.netからDLしてインストールしました。
記載する手順はFotoPlayerの手順です。

01起動直後

起動直後の画面です。
ここに画像をドロップしてアルバムを作る下準備をします。


03JAVA起動設定ボタン

スキンとスタイルという箇所でスキンを選びます。


02スキン変更JAVA起動


FotoPlayerはじJavaで動かしますのでスキンを変更しますと
自動的にJavaが立ち上がります。




早速写真をドロップしてみましょう。
写真をドロップすると「新しいプロジェクト」という窓が開きます。
ここに「アルバム名」「アルバムの説明」を記入します。
このプロジェクトを保存して後から修正したり写真を変更したりできます。


A03_設定メイン


「OK」をクリックすると「アルバム設定」という画面が出てきます。


A04_設定Pages

まずは「メイン」の設定です。
Album titleや説明を変更したり加筆したり。
画像のディレクトリを確認し出力ディレクトリを変更します。

次に「アルバム設定」の「Pages」
アルバムを作る時にリンク画像をを作ったアルバムの画像にするのか
元の画像にするのか等の設定をします。
私はアルバムの閲覧だけの目的なので元の画像にはリンクを貼りません。


A05_設定_画像

次に「画像」
ここでアルバムにする画像の解像度を決めます。
初期設定は640X480です。
私は1024×1024に設定しました。
縦横とも最大が1024の画像になります。
これも保存されないようで、アルバムを作るごとに設定します。
アルバムプロジェクト内には保存されます。
別のアルバムの時はまた設定してください。


A06_設定_高度な設定_メイン


次が「高度な設定」
まずは「メイン」
ここでは文字のエンコード」や日付の形式等の設定をします。
私は初期設定のままです。


A07_設定_高度な設定_メタデータ


「メタデータ」
ここではアルバムに表示するEXIFやIPTCのキャプションなどを設定します。
写真情報やコメント等表示したい場合はチェックを入れてください。


A08_設定_高度な設定_名前

各アルバムごとにalbumフォルダが出来てその中にindexファイルが出来ます。
その名称を変える場合はここで変更します。


A09_設定_高度な設定_ユーザー設定値


「ユーザー設定値」
ここはよくわかりません。私は初期設定のままです。


A05_設定_Foto Player

いよいよ「FotoPlayer」の設定です。
「General」は全般の設定です。有料のPro版を使う場合はここでチェックを入れます。
今はLite版のまま。
PHP Fearures等、アルバムの細かい設定が出来るようですが、
私は初期設定のまま。




次に「Option」タグをクリックします。
ここで変更したのはAuto play 1st photoにチェックを入れました。
FotoPlayerでアルバムが起動したときに一枚目の写真が表示されます。
初期設定は表示なしです。
いきなりスライドショーを見せたいときはAuto start Slideshowにチェックをします。
署名を入れるときは指定します。




「Thumbs」タブ。
サムネイルの指定をします。
サムネイルを使わない場合はDisable Thumbnailにチェックします。
Thumbnail Layoutのボタンでサムネイルの表示を水平にするか垂直にするか決定します。
Filterでサムネイルのフレームを入れるか入れないか決めます。
私はオフにしました。




「Description」で表示の設定をします。

写真情報を入れる場合は「Photo description」にチェック。
表示を左に入れる場合は「Left」のまま右に入れる場合は「Right」に変更します。
「Window Header」でヘッダー情報の有無を決めます。

EXIF IPTCで写真情報を表示することができます。
写真情報の記録とともに場所やカテゴリー撮影者など
検索しやすい情報を表示することもできます。




「Gallry Menu」タブ。

AutoShow Gallery Menuで
Add Custom link to Gallery MenuでLinkの設定をします。
Add Virtual GalleriesはPRO版のみです。





Add Virtual Galleriesをクリックするとこんなアラートが出ます。笑




「Control Panel」でdownloadのチェックを外します。
自由にダウンロードさせたい場合はそのままにすると
ダウンロードボタンが生成されます。画像だけが表示されます。

Full Screenを許可しない場合はそれのチェックを外します。
私はそのままにしました。

Printボタンを表示したい場合はPrintniにチェックします。
私は外したままです。

FullSizeのダウンロードだけを許可しないこともできます。
目的によって使い分けてください。




「Setting」タブ。

他の設定を行います。
私は初期設定のままです。

ゲストブックへの書き込みなどの通知を行う場合は
Email Notifyで設定します。



「Shopping Cart」は初期設定のままです。




「Music」タブ。

Enable MP3 playerとAuto Playのチェックを外します。
起動と同時に音楽を鳴らす場合はそのままにします。
下のPlaylistの音楽を指定して鳴らすことができます。
MP3ファイルを追加する場合はOpen MP3 Folderからどうぞ。




「Themes」タブ。

テーマの設定で各色を変更できます。




「G.Analytics / G.Maps」でGoogleの解析ツールが使えるようです。
私は未検証です。




「Email」でメールの設定ができるようです。
私は未設定です。




「Site Creator」は未検証です。


18_アルバムを作成

OKボタンで戻ります。

設定が終わったので、左下の「アルバムを作成」ボタンをクリックします。


19_プレビューモード

「終了しました」と表示があったら「プレビュー」で確認します。
「Publish」でWebへアップできます。
そのままJalbum.netの自分のアカウントスペースにアップできます。


20_完成


完成した「album」フォルダの中のindexをブラウザで開くとこんな感じにできます。
この「album」フォルダをHPのリンクの中に入れてアップします。


Jalbumは少ない作業で見映えのいいアルバムが出来ますので
写真を中心としたサイトには便利なツールだと思います。

アルバムプロジェクトを保存すると設定はそのまま残りますので次回の変更は楽ですが、
新しいアルバムを同じ設定で作りたい時には一部毎回設定が必要のようです。

私が設定したのは

1 スキンの選択。
2 画像のサイズを1024x1024に変更。
3 Auto Play 1st Photoにチェック。
4 MusicのEnable MP3とAutoPlayのチェックを外す。

以上の4箇所でした。(お好みでどうぞ。)
[ 2009/10/26 17:26 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://naaktown.blog96.fc2.com/tb.php/15-687bc5ee








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。